読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砕けた星の海

すきなものとすきなものを

あこがれとアイドル

前にハロオタ*1と分かった友人と推しの話になり、彼女がこんなことを言っていました。

 

ハロプロで好きになる子ってみんな自分にないものを持っているんだよね」

 

すごく何気無いひとことでしたが、今でも覚えています。その子はJuice=Juiceの金澤朋子ちゃんを推しています。金澤朋子ちゃんはメンバーカラーが赤の大人っぽい容姿と色気のある歌声、その反面チャーミングなところもある21歳です。*2会話の記憶は曖昧だけどわたしと友人が好きなアイドルは自分にないものを持っていて、そこに漠然と惹かれているのではないかと感じました。そりゃ可愛かったり歌がうまかったり、っていうのは当たり前なんですけど、自分がなりたいっていう理想像と好きなアイドルを重ねているのではないかと思うのです。

 

ジャニーズとハロプロの兼オタのわたしの推しはモーニング娘。'16の飯窪春菜ちゃん、Hey!Say!JUMPの有岡大貴くん、担当は名乗ってないけど伊野尾慧くんです。

飯窪春菜ちゃんは背が高いモデル体型で黒髪ロング、ぱっちりとした目の美人さん。トークもMCを任されることが多く、ハロプロ以外の人脈も広くメンバー紹介ソングでは太鼓持ちと言われる女の子です。有岡くんは太陽のように明るくて、メンバーからいじられつつあるけど空気を読むのが上手くてその場を和ませたり、誰とでも仲良くなれるような雰囲気を持つ人。伊野尾くんはマイペースで捉えどころがないけれど、不遇の時代より楽しいことを語りたい、広い視野で多様な考え方が出来る人。わたしは彼らをブラウン管越しでほとんど見て、表面上しか知らないから本当の彼らの姿を知りません。ですが、顔から好きになって中身を知って、少なくとも自分にはないもの、足りないものを持っている人たちに惹かれていることに気づきました。

よく飯窪春菜ちゃんのような背が高くてかわいい容姿になりたい、伊野尾くんのような多様な考え方に憧れるしそんな考え方ができるようになりたい、有岡くんのように場の空気を和ませて空気を読める人になりたい、と考えてしまいます。女子ドルを見ていても「この子のように可愛い女の子のようになりたい」と愛でる対象と共に「あこがれ」というスクリーンに重ねて見ている部分があるような気がします。「アイドルになりたい」というわけではありません。ただ、きらきら輝く彼女たちを見たり、彼らの考え方を雑誌で覗いた時に、自分のちっぽけさと比べてすこしだけ「あこがれ」というないものねだりをしてしまうだけなのかもしれません。

 

わたしは基本的にどうしようもなく自信が持てない人間なのでアイドルを応援しながら心の拠り所にしている部分もあります。そして、自分の理想像と重ねている部分もある気がします。アイドルの歌って踊る姿やテレビのお仕事を頑張る姿に元気をもらう反面、わたしもこんな風になれればなあとあこがれを抱きます。わたしの好きな彼らも不遇の時代を超えて、たゆまぬ努力から今の彼らがあると思っています。そう思うと明日からまた頑張れそうな気がします。

 

前の職場から新しい環境に身を置いて1ヶ月ですが、憂鬱な木曜日の朝もいのおくんのお顔を見たら元気が出ます。ヒルナンデスの有岡くんを見るとすこしほっとします。音楽番組で完璧なパフォーマンスで虜にする娘。を見るとすごいでしょ!と誇らしい気持ちになります。つらいことばかりでもアイドルによって折れそうな心を支えられてるのです。

 

 

*1:Hello!Projectのオタク

*2:曲は聞くけどメンバーについてあんまりよく分かってない部分あるから解釈違いあったらごめんなさい